スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

善岡修

善岡修
暗殺者1


サイレントな暗殺者役を務めています。
ろう者の善岡修です。

「デフ・パペットシアター・ひとみ」からの参加です。

「デフ・パペットシアター・ひとみ」は、
ろう者と聴者と共同して作る人形劇グループで、
主にそこで活動していましたが、
ふとした疑問が生まれました。

確かに僕は周囲の声や音を感じ取ったりする事は出来ないけど、
周囲のフォローがあれば聴者主体の劇団でも可能ではないか?と。

「マクベス」の参加の意思を伝えたうえで、
演出のポパイさんから、
「喋る役をやる事に抵抗はないのか?」
という意思確認をして、
「ろう者」が音声セリフを喋る…。
なかなかお目にかかれない機会という点と、
聞こえない事で苦労するという原点に
戻ってみたいという気持ちもあって参加しました。

音声セリフ付きの役は、今までで初めてです。
「デフ・パペットシアター・ひとみ」では、
無言人形劇や手話語りで手話で語る事も
多かったので、自分の声がどこまで通用するのか
賭けてみたかった気持ちもありました。

冒頭の郡読の場面では、みんなと一緒に喋るのですが、
喋るタイミングがつかめなくて困っていたところ、
僕の足元で、Qサインを送る仲間の工夫に救われました。

みんなで発するセリフが合った時は、
一体感を感じてやっぱり嬉しい!

黒子は、聴者もろう者もみんな真っ黒けで
色違いもないという点では人種も関係ないという事も実感します。

人形を遣う時は、相手の人形のポーズがQサインとなるので、
それを見落とすまいと、神経をすり減らして凝視します。

あまりにもピリピリするので、
暗殺者の殺害場面もつい力が入ってしまいます。

薄暗い舞台裏でみんなと合わせての郡読も
Qサインをもらうのですが、残念ながら照度不足で
黒子の黒手袋やお互いの顔の表情がつかみにくい。

なので…舞台裏ではキュウリのような手のシートン人形から
Qサインをもらって、舞台裏でみんなとセリフを喋っています。

僕からしたらサイレントなマクベスの世界ですが、
視覚的な表現も面白い世界です。

「ぬんっ!」というほんの一瞬のセリフですが、
これがなかなか難しかったです。

明日も「ぬんっ!」というかけ声と共にヤツを殺します。
お楽しみください。フフフ。

サイレント・キラーこと善岡修でした。


P1030808.jpg



スポンサーサイト

2009.03.28 | | コメント(1) | トラックバック(0) | 出演者コメント

中村孝男

中村孝男
マクベス


P1030571.jpg



心の中には言葉がいっぱいつまっているけれどもどうもうまく使いこなせていない気がする。
というより言葉自体に翻弄されている。
心が弱いと言葉によってぐらついたり傷ついたり、そしてマクベスのように破滅へと向かうのかもしれない。

魔女の言葉、夫人の言葉、そしてマクベス自身の言葉にマクベスは支配されてしまう。
いつだって誰だってあり得る事だ。
稽古がすすむにつれ、こんな事などを思い、話し合い、この芝居を自分たちのものにしようともがいてきた。

でも今日からはこの芝居は観る人たちのもの。
心の脆さゆえに言葉に支配され破滅へと向かうこのマクベスという芝居をつくり発信することで逆に言葉のもつ、人間のもつ善のちからを信じたい。


P1030675.jpg

2009.03.25 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 出演者コメント

亀野直美

亀野直美
マクベス夫人サブボイス、マルカム介添え


P1020893.jpg


いよいよ俳優座入り。
俳優座は何度目だろう。この劇場でやれるのはなんだかうれしい。

前回俳優座の舞台に立ったのは八年ぐらい前・・六本木の街は大きく変わっていた。
私はその間どのくらい成長しただろうかと自分に問い掛けるが…
とにかくマクベスという舞台がうまくいき お客様が満足してくださるよう 私自身も楽しんでがんばります!


2009.03.25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 出演者コメント

初日まであと2日

25日の初日まで残すところ、あと2日です!

21日には稽古場での最後の稽古がありました。ダメ出しを聞いて確認です。
P1030790.jpg


そして22日は俳優座に持っていくために荷積み。
P1030932.jpg


ロビーには梱包された人形が荷積み待ち。
P1030934.jpg


そして23日、俳優座劇場で仕込みです。
P1030938.jpg

2009.03.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 稽古場日記

高橋ちひろ

高橋ちひろ
マクベス夫人介添え、マクダフの子供2、魔女3介添え


いよいよ俳優座劇場へ通う日々が始まりました。
劇場の搬入口の近くには桜が咲いていて、これから始まるんだなという期待感とちょこっとの不安で、ずっと忘れられない1日になりました。



蓄


写真は蓄光テープを切っているところです。
暗い舞台裏で曲がるところを間違えないように、階段を踏み外さないように、コードにつまづかないように、丁寧に願いを込めて張りました。

明後日からたくさんの人達からパワーを頂いて、そして私も少しでも心に残る感動を届けられるように、この『マクベス』と向き合っていきます

2009.03.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 出演者コメント

松本幸子

松本幸子
魔女3


「魔女との出会い」
自分の声質が人より高めという事もあって、魔女という役柄は縁がないと思っていました。
オーディションの時にちょっと読んでみる機会を与えられ、やってみると何とも言えぬ面白さが体中を駆け巡ったのでした。

「あれっ。私って魔女出来るかも!」

私の中の魔女が目覚めた瞬間でした。
年齢を重ね、経験を重ねたからこそやってきた役かしら。
思う存分人間達を手玉にとってやりますよ!

2009.03.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 出演者コメント

蓬田雅代

蓬田雅代
マクダフ夫人、魔女3介添え


稽古も進む3月のうららかなある朝、目が覚めると、
今年の(今年度の?)「マイ☆スローガン」が浮かびました。

「自分に忠実に」。

 自分勝手に生きるという意味ではないのです。
だが、公演間近にコメントを出すくらいですから、「誠実に」ではなかった・・・。
 
 ちなみに、去年浮かんだスローガンは「やります2008」でした。
まあ、結果は推して知るべし。

 
 改めて認識したのは、シェイクスピアは面白い!

そして、私にとっては、ひとみ座総がかりのお芝居は、ものすごく楽しい。

 「マクベス」はシカバネ累々のお話ですが、
人類の積み重ねてきた、いとおしい歴史の上に、
そしてご覧になった皆さんの心の中に、
未来に繋がる青空が広がるような、そんなお芝居が出来たらなあ、と
思っています。頑張ります。 

2009.03.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 出演者コメント

石井セリ

石井セリ
フリーアンス、魔女2介添え


魔女の体は斜幕でできています。
光を当てると外から魔女の内側は見えなくなりますが、反対に内側から外は見えます。
でも見えるといってもぼんやりと見える程度です。
介添えも合わせて9人で息を合わせて呪文を唱える時、ぼんやりとした視界の中、自分の声が周りと溶けていき、なにか大きなものの一部に取り込まれていくような気がします。


そしてフリーアンス。名前は結構長い間誰からも呼ばれません。
ま、子供ですから。
フリーアンスはかわいいお馬に乗っています。
もう少しこのお馬と遊びたいのですが、残念です。

P1030966.jpg


私にとって、何から何まで初めてづくしの「マクベス」
シェイクスピアも、こんなに大勢でやることも、二人遣いも、俳優座劇場も。
ドキドキワクワクを力に変えたいものです。

2009.03.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 出演者コメント

鈴木文

鈴木文
マクダフ介添え、召使い

今回何より楽しいのが、大勢で人形劇ができること。しかも2人遣い!!夢のようです。
総勢、
人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
はエネルギーの波濤です。
これで劇場という森を動かしたい!この想いを胸に稽古に励んでいます。
皆さんもどうぞ、心という森が動く様を観にいらして下さい。


P1030781.jpg

2009.03.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 出演者コメント

伊東史郎

伊東史郎
門番


このマクベスってぇ人形芝居、何なんでしょうねぇ???
へんな虫がゾロゾロゾロゾロ・・・
何かというと、殺しあい・・・
ああ、まともな人間はオイラだけです!!!
酒でも飲まなきゃやってられません♪♪♪


P1020940.jpg

2009.03.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 出演者コメント

«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。